投資・クラウドファンディングの豆知識
社会貢献ノウハウ

社会人がボランティアに参加するメリット

社会人がボランティアに参加するメリット

皆さんは、ボランティア活動を行った経験はあるでしょうか。ボランティアと言えば、災害時の支援などを真っ先にイメージするかと思いますが、日々の仕事がある社会人の中には、「行く時間がない」と躊躇している人もいるのではないでしょうか。ここでは、ボランティアの種類や参加するメリット、時間がない社会人でも参加できるボランティアについて紹介します。

ボランティアに参加するメリット

ボランティアは仕事ではないため、金銭的な報酬を受け取ることはできませんが、金銭面以外で多くのメリットがあります。

1つ目は「誰かのためになる」ということです。誰かのためになることは、結果として自分の成長にもつながります。社会に目を向けることができ、物事を広い視野で考えられるようになるでしょう。

2つ目に「多くの人と出会える」というメリットがあります。会社内の上司や同僚、友人とは違い、さまざまな職歴や年齢の人と出会うことができるため、幅広い人脈を作ることができます。

最後に「自分に自信が持てる」こともメリットのひとつです。さまざまな経験をすることで、今後の生活や仕事においても自信を持つことができるでしょう。

このようにボランティアに参加するメリットは数多くあり、お金では買えない経験をすることができると言えます。

覚えておきたいボランティアの4原則

小平市社会福祉協議会などによると、ボランティア活動には基本的な4つの原則があります。この原則に反している行動は、ボランティアとは言えません。この4つの原則についてきちんと覚えておきましょう。

自主性、主体性

ボランティアはいかなる場合であっても「自分自身でやってみよう」という考え方が大切です。誰かに強要されたり、義務だからと行動する必要はなく、自主的に進んで活動することが前提です。

無給性、無償性

ボランティア活動は「仕事」ではないので、個人的な利益や報酬を期待するための活動ではありません。金銭的な報酬の代わりに、経験や自信、出会いなど心の報酬を得るための活動と言えます。

創造性、先駆性、開拓性

単に与えられた活動だけを行うのではなく、現状に対して何をすれば良いのかを考え、さまざまな角度から問題を見つめ直し、改善していく創造性や開拓性などが大切です。

社会性、連帯性

より良い社会を築くためには、自分1人だけでなく、周りの人々と協力して学んだり考えたりすることが大切です。

ボランティアの種類

ボランティアにはいくつかの種類があり、海外へ行くような難易度が高いものから、地域で行われている身近なものまでさまざまです。
海外へのボランティアと言えば、国際交流などの団体を通じて行うボランティア活動が多く、言語支援や医療活動、発展途上国での教育や、インフラの整備などの分野があります。

地域ボランティア活動では、インターネットでボランティアを募集しているサイトもあり、登録することで自分に合ったボランティアを見つけることができます。

このほか、自分ひとりもしくは誰かと一緒に資金を集めて、寄付をするボランティアなどもあります。最近ではSNSの普及にともない、手軽に資金集めができるほか、共感できる仲間とともに活動を行えるのが魅力です。

時間を気にせずできる! 社会人におすすめのボランティア

ボランティア活動には、ある程度まとまった時間が必要になるため、活動に参加したくても仕事などがある場合は難しいと言えます。そんな人は、クラウドファンディングのボランティア活動を行ってみてはいかがでしょうか。
クラウドファンディングとは、「こういう物を作りたい」など、ある夢をかなえるためのプロジェクト資金を動かす取り組みで、インターネット上で出資者を募ることで資金調達をする仕組みです。
寄付タイプのクラウドファンディングであれば、インターネット上から寄付したプロジェクトの進捗具合を確認したり、活動報告を受けたりできます。時間を問わずボランティア活動が行えるほか、社会的に意義のある事業への投資により、間接的に支援し参加できることがメリットと言えます。自分が寄付したプロジェクトが実現すれば、何よりも嬉しいことは間違いないはずです。

ボランティア活動は、現地に行って実際に活動するほか、インターネット上から行えるものまでさまざまです。自主的にはじめるのが前提ですから、自分にできそうなボランティアから気軽にはじめてみることが大切です。