投資・クラウドファンディングの豆知識
社会貢献ノウハウ

海外の恵まれない子どもたちにはどんな支援ができる?

海外の恵まれない子どもたちにはどんな支援ができる?

海外では多くの子どもたちが支援を必要としており、特に発展途上国を中心に国際的な問題にまで発展しています。このような子どもたちのためにできる支援とは、どのようなものがあるのでしょうか。今回は、海外の恵まれない子どもたちを支援する方法について紹介したいと思います。

支援が必要な海外の子どもたちの現状

海外での恵まれない子どもと言えば、「貧困」を真っ先にイメージするかと思います。2014年現在、世界の貧困率は10%程度となっており、おおむね10人に1人が貧しい生活をしています。
また、日本でも問題となっている虐待や育児放棄も国際的な問題となっており、親元を離れて路上で寝泊りする子どもや、孤児となってしまうケースもあります。

このほか、インフラ不足による生活環境の悪化、不衛生な水、劣悪な医療環境、受けられない教育、紛争被害など、世界の子どもにとって問題は山積みになっており、より多くの支援が必要とされています。これらの多くは南アジアやアフリカ、中東地域などに集中しており、先進国と発展途上国との格差も問題になっています。

海外の子どもたちへの支援はどんなことに役立てられる?

海外の子どもたちの支援をすると、どのようなことに役立てられるのでしょうか?

栄養

貧困層の子どもたちは「おなかいっぱい食べること」が夢であり、成長が著しい子どもにとって栄養は必要不可欠と言えます。栄養面では、食べ物に困らないよう食料の支援などに役立っています。

水と衛生

悪い水は病気にかかるリスクが高くなり、寄生虫や病原菌によって命を落とす子どもも少なくありません。水と衛生面では、キレイな水源から水を供給するインフラを整えたり、トイレなどの衛生環境を改善する支援を行います。

教育

世界には、学校にすら行けない子どもたちが大勢います。「学校がない」、「働かなくてはいけない」など、その理由はさまざまです。教育面ではこのような問題を改善し、学校を建てたり、子どもが安心して行ける環境を整えたりする支援を行います。

保護や緊急救援

親がいない子どもや虐待を受けている子ども、住む場所がなく路上で生活している子どもなどを保護するための支援です。また、戦争や紛争などさまざまな理由によって、緊急を要する子どもの救護などにも役立ちます。

日本にいながら海外の子どもたちを支援するには?

私たち日本人が、海外の子どもたちを支援する方法はいくつかあります。
手軽な方法としては、お金による支援が挙げられます。募金という形で支援するのが一般的ですが、個人で海外へ直接送金することは難しいので、各団体が行っている募金制度を利用して寄付するようにしましょう。

そのほか、支援物資を送る方法もありますが、使えるモノの選別が難しいので、切手や古着など、団体が必要としているカテゴリのものを選んで寄付すると良いでしょう。

もうひとつの方法として、個人で支援を行う際はクラウドファンディングで支援することが可能です。クラウドファンディングでは海外に支援を行っている団体も多く、プロジェクトの状況を確認しながら支援が行えるため、一方通行の寄付にならないのが魅力です。被災した地域や貧しい国の企業へ直接投資をすることで、経済の発展や復興の支援になることも大きなメリットだと言えるでしょう。

小さな力がたくさん集まることで、世界中の子どもたちを助けられる可能性が広がります。上記を参考に、海外の子どもたちへの支援を検討してみてください。