投資・クラウドファンディングの豆知識
収入UPまでの近道

キレイを保ちながら美容代を節約する方法は?

キレイを保ちながら美容代を節約する方法は?

キレイになるためには、美容に一定の投資をしなければいけません。しかし、あれもこれもとたくさん手を出してしまうと、お財布が悲鳴を上げてしまいますね。そこで今回は、美容代を節約する方法について紹介します。
美容を我慢するのではなく、少し工夫するだけで節約が期待できるので、ぜひ試してみてください。

美容代を節約するには?

美容院に脱毛サロン、フェイシャルエステにネイルケアなど、美容には多くの種類がありますが、全てにお金をかけることはなかなか難しいと言えます。まずは、自分が最もキレイになりたい部位(ヘアースタイル、顔、爪、肌など)を選び、集中的にお金をかけるようにしましょう。

また、クーポンや割引券を使う方法、モデル(施術やカットの練習台)になることでも、美容院やサロン代を節約することができます。そのほか、自分でケアできることは自分ですることが究極の節約方法とも言えるので、化粧水の自作や、セルフでネイルをケアすることも美容代の節約になります。

手作りグッズで美容代を節約しよう

ここでは、美容代の節約につながる手作り美容グッズの紹介をします。
まず、短時間で保湿ができるシートマスクですが、価格の割には入っている枚数が少ないのがネックです。シートマスクは乾いた状態で、顔の形に切り取られた紙のみのタイプなら安く買うことができます。これに、お気に入りの化粧水を染み込ませてパックすれば、コストパフォーマンスの高いオリジナルシートマスクを作ることができます。

もうひとつは、お米のとぎ汁を化粧水代わりにする方法です。「とぎ汁が化粧水なんて……」と思われがちですが、肌にとても優しいので敏感肌にも安心して使用できます。作り方は非常に簡単で、とぎ汁をそのまま冷蔵庫に入れて保管するだけです。冷蔵庫に入れておけば1~2日ほど使用できるので、古くなったら新しいとぎ汁に交換します。
乾燥した状態のシートマスクに、お米のとぎ汁の化粧水を染み込ませてパックすれば、さらに美容代を節約することができるので、一度試してみてください。

無料を有効活用しよう

さまざまな美容施設の「モデル」になることで、施術料金が無料になったり、とても安くサービスを受けることができたりします。モデルとはいわゆる練習台で、たとえば美容師さんがヘアスタイルの練習としてカットを行います。最近では、インターネットやスマートフォンアプリで、モデルを募集している美容施設を簡単に見つけることができるので、お近くの施設をぜひ調べてみてください。
そのほか、無料サンプルをもらえるイベントに参加したり、無料モニターになる方法もあります。

美容代をどうしても妥協できない場合は?

「あれこれ美容代の節約術を試してみたけれど、やっぱり美容には妥協したくない」という人は、美容代以外の出費を節約するか、今の収入をアップさせるかのどちらかしかありません。前者では生活スタイルの見直しなど、どこかでしわ寄せがきてしまうため、収入をアップさせる方法が取り組みやすいと言えるでしょう。

収入をアップさせる方法としては、副業や投資を行うことが近道です。ただし、副業は自分の時間が無くなってしまうため、手軽にお金を増やすなら投資の方が向いているかもしれません。

手軽に投資をはじめるなら、クラウドファンディングがおすすめ。クラウドファンディングは、ベンチャー企業などに対して個人投資ができるシステムで、金銭的リターンもありながら、自分の好きな商品やサービスへの投資を選べば、商品やサービスをリターンとして受けることができます。美容関係の投資を行えば、美容代はもちろんのこと、美容アイテムが無料でもらえる可能性もゼロではありません。

今、自分がかけている美容代には、無駄な箇所がないかどうかを見極め、節約をしましょう。それでも足りない分は、美容代を副業や投資などで上手に増やしてみてください。